尺骨(読み)しゃっこつ(英語表記)ulna

翻訳|ulna

デジタル大辞泉の解説

しゃっ‐こつ〔シヤク‐〕【尺骨】

ひじから手首まである2本の前腕骨のうち、小指側にある長管状骨。平行する橈骨(とうこつ)よりも長い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

尺骨【しゃっこつ】

前腕の小指側にある細長い骨。親指側の橈骨(とうこつ)と対をなす。下部が細く上部が太くて上腕骨との連結に主役を果たす。上端後面は突出して肘頭(ちゅうとう)と呼ばれる(いわゆる〈ひじがしら〉)。物の長さを測る基準にされたことから尺骨の名が生まれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゃっこつ【尺骨】

前腕にある二本の骨のうち、小指側にある管状の長骨。橈骨とうこつと平行している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の尺骨の言及

【腕】より

…表面はいうまでもなく皮膚で包まれている。骨格は原型的な四足動物のそれとほぼ同じで,上腕の中にある上腕骨と前腕の中にある橈骨(とうこつ)および尺骨とからなっている。掌を前に向けると橈骨が外側に,尺骨が内側に互いに平行しているが,掌を後ろに向けると橈骨と尺骨とは交差する。…

【骨格】より

…体肢の骨格は,体肢がひれから脚に変わったのにつれて,高等脊椎動物のそれと同一の構成をとるにいたった。すなわち,自由部に上腕(大腿),前腕(下腿),手(足)の3部が区別され,前腕(下腿)には橈骨(とうこつ)(脛骨)と尺骨(腓骨)という2個の骨が並列している。ただしカエル類では,橈骨と尺骨が合体して橈尺骨となり,脛骨と腓骨が合体して脛腓骨となっている。…

【橈骨】より

…四足動物の前肢(上肢)の前腕部,つまりひじから手首までの部分には,一般に2本の棒状の骨が平行して並んでいる。それらのうち母指(第1指)側にある骨を橈骨,他を尺骨という。四肢のすべての長骨についていえることだが,橈骨も祖先の魚類の胸びれの骨格を受け継いだものとして原始両生類に現れて以来,高等哺乳類に至るまで,その配置や全般的性格は本質的にほとんど変わっていない。…

※「尺骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尺骨の関連情報