コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレッジオ Correggio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレッジオ
Correggio

[生]1494. コレッジオ
[没]1534.3.5. コレッジオ
イタリア・ルネサンス最盛期を代表する画家。本名 Antonio Allegri。初めドッソ・ドッシおよび A.マンテーニャの影響を受け,やがてレオナルド・ダ・ビンチから明暗法を取り入れる。 1518年以後は主としてパルマで活動。精妙な明暗表現,豊麗な色彩,対角線構図の使用,優れた素描力などによって独特の画風を展開し,バロック絵画の先駆者として重要な役割を果たす。特にパルマ大聖堂の天井画『聖母被昇天』 (1526~30) のイリュージョニスムは,18世紀の G.ティエポロにいたるまでのこの種の絵画の基礎となった。このほかの作品は『聖女カタリナの結婚』 (1510~14) ,パルマのサン・ジョバンニ・エバンジェリスタ聖堂の天井画『キリスト昇天』 (1520~24) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コレッジオの関連キーワードエーレンシュレーガーチェルトーザ修道院ソット・イン・スプロカッチーニ家パルミジャニーノデュシャンジュプリュードンボローニャ派ランフランコセスペデスマチューカロムニーエンネルクレスピボドリーアバーテムリリョロットベッキカンピ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android