コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロニス(英語表記)Koronis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロニス
Koronis

ギリシア神話の医神アスクレピオスの母。テッサリアのラピタイ族の王フレギュアスの娘で,アポロンに愛され,その子を妊娠していたにもかかわらず,神を裏切ってイスキュスという人間の男と結婚したために,怒ったアポロンの矢で射殺された。彼女の死後,後悔したアポロンは,彼にコロニスの裏切りを通報したからすの羽を黒くし,愛人の死体から赤子のアスクレピオスを取出してケイロンに預け,養育させたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコロニスの言及

【アスクレピオス】より

…ギリシア神話の医神。アポロンとラピタイ族の王の娘コロニスKorōnis(カラスの意)の子。コロニスが妊娠中に不貞を働いてアポロンに殺されたあと,その胎内から取り出されて生をうけた彼は,ケンタウロス族の賢者ケイロンに医術を学んで名医となった。…

※「コロニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報