コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロプレスマップ choropleth map

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロプレスマップ
choropleth map

区画別段彩図ともいう。統計地図の1つで,統計区ごとにそこの統計量を段階区分で色区分した指定色を塗った地図。おのおのの統計区の広さがほぼ同じ場合は,分布の状況がよく表わされる。統計区内は同じ色調で示されるので,等質印象を与える。表わす統計量が絶対量の場合は実情と異なった印象を与えるおそれが生じる。たとえば,日本の県別米収穫量の絶対量を段階区分して,それに基づいた県別のコロプレスマップをつくると,北海道が米作県の印象の地図となる。したがって,統計区の面積の大小の違いが大きいときは,単位面積あたりといった相対量に直したうえでのコロプレスマップにする必要がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コロプレスマップの関連キーワード区画別段彩図密度分布図人口図

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android