コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロンナ家 コロンナけColonna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロンナ家
コロンナけ
Colonna

中世から近代にかけてのイタリアのローマ名門貴族の家系。皇帝派 (ギベリーニ) で,スキアラ (→コロンナ ) とステファノ (→コロンナ ) はローマ教皇ボニファチウス8世と争い,またオルシニ家とローマの覇を競った。オッドーネ (1368~1431) は枢機卿を経て教皇に選出され,マルチヌス5世 (在位 17~31) となった。プロスペロ (52~1523) とファブリツィオ (1460頃~1520) は有名なコンドッティエーリ (傭兵隊長) で,初めフランスのイタリア侵入を支持したが,のちスペイン側に転じて,ナポリ王国からのフランス軍追放に貢献。 1559年イタリア戦争が終結すると,同じくコンドッティエーリのマルカントニオ (35~84) がローマに戻り教皇と和解,数世紀にわたる対立は終りを告げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コロンナ家の関連キーワードボニファティウス(8世)コラ・ディ・リエンツォモンテフェルトロ家カリクスツス3世アナーニ事件カエターニ家コロンナ宮殿ペトラルカノガレ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android