コロンナ家(読み)コロンナけ(英語表記)Colonna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロンナ家
コロンナけ
Colonna

中世から近代にかけてのイタリアのローマ名門貴族の家系。皇帝派 (ギベリーニ) で,スキアラ (→コロンナ ) とステファノ (→コロンナ ) はローマ教皇ボニファチウス8世と争い,またオルシニ家とローマの覇を競った。オッドーネ (1368~1431) は枢機卿を経て教皇に選出され,マルチヌス5世 (在位 17~31) となった。プロスペロ (52~1523) とファブリツィオ (1460頃~1520) は有名なコンドッティエーリ (傭兵隊長) で,初めフランスのイタリア侵入を支持したが,のちスペイン側に転じて,ナポリ王国からのフランス軍追放に貢献。 1559年イタリア戦争が終結すると,同じくコンドッティエーリのマルカントニオ (35~84) がローマに戻り教皇と和解,数世紀にわたる対立は終りを告げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android