コンカナバリンA

世界大百科事典 第2版「コンカナバリンA」の解説

コンカナバリンエー【コンカナバリンA concanavalin A】

ナタマメの種子に含まれているタンパク質でD‐マンノース,D‐グルコースと特異的に結合する。レクチン(一定の糖構造と特異的かつ多価的に結合する特性をもつ)の代表例であり,グロブリンの一種で,アミノ酸配列は決定されている。分子量は10万2000(四量体)で1サブユニット(構成単位)あたりマンガンとカルシウム各1原子を含んでいる。細胞表層のレセプターに結合するが真の生理機能は未知である。【宝谷 紘一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版「コンカナバリンA」の解説

コンカナバリンA
コンカナバリンエー
concanavalin A

[別用語参照]レクチン

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android