コンカナバリンA

栄養・生化学辞典の解説

コンカナバリンA

 レクチン一種で,タチナタマメから得る.単純タンパク質で,単量体の分子量は26k.二量体,四量体として存在する.α-D-マンノース残基,α-D-グルコース残基に親和性がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンカナバリンエー【コンカナバリンA concanavalin A】

ナタマメの種子に含まれているタンパク質でD‐マンノース,D‐グルコースと特異的に結合する。レクチン(一定の糖構造と特異的かつ多価的に結合する特性をもつ)の代表例であり,グロブリンの一種で,アミノ酸配列は決定されている。分子量は10万2000(四量体)で1サブユニット(構成単位)あたりマンガンとカルシウム各1原子を含んでいる。細胞表層のレセプターに結合するが真の生理機能は未知である。【宝谷 紘一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

コンカナバリンA
コンカナバリンエー
concanavalin A

[別用語参照]レクチン

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android