コンカン(読み)こんかん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンカン
こんかん
Konkan

インド西部、マハラシュトラ州西部の海岸地域。アラビア海と西ガーツ山脈に挟まれ、北はダマンから南はゴアに至る幅40~80キロメートル、長さ530キロメートルの地帯である。西ガーツ山脈に発する多くの川によって開析されたラテライト台地と、細長い低地からなり、河口の入り江は奥深い。中心都市ムンバイ(ボンベイ)もこうした入り江の一角にある。低地で米、サトウキビ、ココナッツの栽培が盛んである一方、海岸部の漁業や製塩も重要である。16世紀初頭からポルトガルの支配を受けていたが、18世紀にはムガル帝国に反抗したマラータ海賊の根拠地となった。鉄鉱石の産地であるゴアは、1961年に至るまでポルトガルの支配下にあった。[貞方 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコンカンの言及

【ゴア[州]】より

…インド中西部アラビア海に面する州。コンカンKonkan海岸の南端にある。1961年インド政府の武力解放により,ボンベイ北方のダマン,カーティアーワール半島海岸部のディウDiuの両旧ポルトガル領植民地とともにインド共和国に併合され,あわせて政府直轄地となる。…

【マハーラーシュトラ[州]】より

…さらに60年にはグジャラート州を分離して現在の州となった。 地形的には,州の西縁部を南北に走る西ガーツ山脈を境にして,その西麓のコンカン海岸平野と東麓から広がるデカン高原とに分かれる。海岸平野は幅30~50kmの南北に狭長な平野で,年降水量2500mm以上の多雨地帯である。…

※「コンカン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android