コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンク聖堂 コンクせいどう

百科事典マイペディアの解説

コンク聖堂【コンクせいどう】

南フランス,アベーロン県の小村コンクConquesにある教会堂。11世紀に建てられ,ロマネスク芸術の最も美しい遺例の一つ。聖女フィデスの聖遺物,西正面タンパンの彫刻《最後の審判》でも有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

コンク聖堂の関連キーワードロマネスク美術巡礼

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android