コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンク聖堂(読み)コンクせいどう

百科事典マイペディアの解説

コンク聖堂【コンクせいどう】

南フランス,アベーロン県の小村コンクConquesにある教会堂。11世紀に建てられ,ロマネスク芸術の最も美しい遺例の一つ。聖女フィデスの聖遺物,西正面タンパンの彫刻《最後の審判》でも有名。巡礼地の一つとして重要な聖堂であった。→ロマネスク美術

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android