コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンシェルジュリ コンシェルジュリ La Conciergerie

1件 の用語解説(コンシェルジュリの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

コンシェルジュリ【コンシェルジュリ】
La Conciergerie

フランスの首都パリ中心部、シテ島の西側にある、えんぴつ型の3つの塔を持つ建物。フランス王フィリップ4世(1268~1314年)が14世紀に建てた王宮の一部で、14世紀後半から監獄として使われ始めた。18世紀末のフランス革命の際には、国民公会によって設立された革命法廷がこの建物に置かれ、2年間に死刑の判決を受けた大勢の人々が、ここに収容され受刑を待った。この監獄の最も有名な収監者がルイ16世の王妃マリー・アントワネットで、1793年10月16日にコンコルド広場で処刑されるまでの2ヵ月半をこの建物内の独房で過ごした。現在、王妃の独房があった場所は礼拝堂になっていて、別の場所に独房のようすを再現した部屋がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンシェルジュリの関連キーワード巴里パリジャンフランスパンサンルイ島ダム広場ノブヒルフランスソワールムント広場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone