コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンシストリウム consistorium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンシストリウム
consistorium

ローマ皇帝ディオクレチアヌス (在位 284~305) のときからおかれた古代ローマの帝室顧問会議。「立つ会議」を意味し,出席者は皇帝の前で起立した。高級政務官,法律家で構成。帝国政策の決定など,最高裁判所機能を果した。中世にはカトリック教会枢機卿の会議,プロテスタント教会の教会会議を意味するにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android