コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス大帝の寄進状 コンスタンチヌスたいていのきしんじょうDonatio Constantini

1件 の用語解説(コンスタンチヌス大帝の寄進状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス大帝の寄進状
コンスタンチヌスたいていのきしんじょう
Donatio Constantini

中世におけるローマ教皇の世俗的支配権の論拠としてあげられた偽文書。『偽イシドルス法令集』に含まれる。ローマ皇帝コンスタンチヌス1世 (大帝) がキリスト教改宗に際し,イタリアをはじめ西方諸地域の宗教的至上権と合せ,世俗統治権をローマ教皇シルウェステル1世に寄進したことが記されているが,N.クザーヌスによってその信憑性についての疑義が呈示され,1440年 L.ウァラによって8世紀中頃の偽書と判定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone