コンスタンチヌス大帝の寄進状(読み)コンスタンチヌスたいていのきしんじょう(英語表記)Donatio Constantini

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中世におけるローマ教皇の世俗的支配権の論拠としてあげられた偽文書。『偽イシドルス法令集』に含まれる。ローマ皇帝コンスタンチヌス1世 (大帝)がキリスト教改宗に際し,イタリアをはじめ西方諸地域の宗教的至上権と合せ,世俗統治権をローマ教皇シルウェステル1世に寄進したことが記されているが,N.クザーヌスによってその信憑性についての疑義示され,1440年 L.ウァラによって8世紀中頃の偽書と判定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android