疑義(読み)ぎぎ

精選版 日本国語大辞典「疑義」の解説

ぎ‐ぎ【疑義】

〘名〙 意味や内容などがはっきりしないこと。疑問に思われる事柄
※黄葉夕陽邨舎‐後編(1823)三・冬夜読書「閑収乱帙、一穂青灯万古心」
※硝子戸の中(1915)〈夏目漱石〉三四「彼等の友人が其家庭に対して採るべき方針に就いての疑義(ギギ)を私に訊かうとした」 〔後漢書‐鄭玄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「疑義」の解説

【疑義】ぎぎ

疑問のところ。問題点。陶潜〔居を移す、二首、一〕詩 曲、時時(じじ)に來(きた)り 抗言、在昔を語る 共に欣賞し 疑義相ひ與(とも)に析(わか)つ

字通「疑」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android