コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽文書 ぎもんじょ

5件 の用語解説(偽文書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偽文書
ぎもんじょ

にせの文書のこと。狭義には,文書そのものの売買など金銭目的に作られた中身もにせの文書。主に戦国時代から近世初頭にかけて作られた。鋳物師の特権の由来・根拠などを示す文書が典型。文書として必ずしも正式な形態は整えていないが,それなりに機能した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐ぶんしょ【偽文書】

偽造・変造した文書。また、虚偽の記載をした文書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぎもんじょ【偽文書】

偽造された文書,虚偽を記載した文書をいう。
[日本]
 文書の偽造は〈律〉では盗に准ずとされ,《御成敗式目》でも〈謀書(ぼうしよ)〉の罪は侍の場合,所領没収ないし遠流(おんる),凡下(ぼんげ)は火印を面におすこととし,江戸時代も主謀者は引回しの上で獄門,共犯者も死罪と定められていた。しかし偽文書は時代をこえて作成され,現在まで多くの偽文書が伝来している。それゆえ,様式,年月日,人名,花押,用語,書風,紙質等の諸要素の十分な吟味による文書の真贋の判定は,古文書学の発達ともかかわる歴史学の基礎的手続といってよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎぶんしょ【偽文書】

偽造・変造した、または虚偽の記載のある文書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偽文書
ぎもんじょ

ある目的をもって偽作された文書のこと。文書の機能に即して偽作されたものはとくに謀書(ぼうしょ)といい、古くは「律」の規定をはじめとして、「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」、江戸時代の「御定書(おさだめがき)」においても禁じられ、破れば厳罰に処せられた。これに対して、文書の機能そのものよりも、その記載内容あるいは骨董品(こっとうひん)としての文書に重点を置いて偽作される場合がある。たとえば鋳物師(いもじ)をはじめ各種の手工業者・商人から芸能民に至るまでの人々が、その特権の由来・根拠を示すものとして、戦国時代から近世初頭にかけて多数の文書を偽作している。また自己の家系を飾り、家の面目を保つために系図や文書を買い、好古趣味から過去の著名人の筆跡を集める場合などにも多様な形で偽文書がみられる。[上島 有]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の偽文書の言及

【由緒書】より

…【金井 円】
[職人の由緒書]
 平安時代末期から鎌倉時代にかけて,鋳物師(いもじ)(灯炉供御人(くごにん)),生魚商人(津江・粟津橋本御厨(みくりや)供御人など),地黄煎売(じおうせんうり)(地黄御薗(みその)供御人)など各種の供御人は,その特権の保証されたときの時期と天皇を訴訟などの際に強調し,その系譜の確かなことを誇っているが,これは事実であることが多い。しかし室町時代以後,この特権を保証していた天皇の実質的な力が弱化するとともに,この由来はしだいに伝説化し,不正確になり,正確な文書にも〈天照大神〉〈神武御門(みかど)〉などが登場するとともに,こうした伝説に基づく由緒書が書かれ,偽文書(ぎもんじよ)が作成されるようになってくる。灯炉供御人の全国的組織解体の事態に直面した鋳物師を再組織した真継家が,供御人の伝統を背景にしつつも,戦国時代,諸国にそれぞれ商圏をもつようになった鋳物師の実情,当時の習俗に即しつつ,鋳物師に伝わる伝承を取り入れた由緒書を作成,さらに正確な文書を下敷きにしつつ偽文書を作ったのは,その好例である。…

【右筆書】より

…この場合,通常署名や署判は主人がみずから署するのが原則であるが,最近の研究では,一時に多数の文書を発給するような場合,例えば足利尊氏の軍勢催促状,祈禱命令書においては,右筆が花押まで書く例があるといわれている。右筆書は,あくまで主人の命によって書かれたもので,その効力は自筆のものに劣らず,いわゆる偽文書(ぎもんじよ)とは異なる。なお,武家文書の関東御教書,引付頭人奉書,室町幕府御教書などは,鎌倉殿,室町殿の仰を執権・連署,引付頭人,執事・管領等が奉じた奉書であるが,これら奉者は署判を加えるのみで,本文は右筆方奉行の手によって書かれている。…

※「偽文書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

偽文書の関連キーワード偽造罪文書偽造罪外交文書私文書答弁書偽造公文書行使等罪偽造私文書等行使罪相場書虚偽有印公文書作成罪と有印公文書偽造罪虚偽文書と偽造文書

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

偽文書の関連情報