コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチノープル総大主教 コンスタンチノープルそうだいしゅきょうPatriarch of Constantinople

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチノープル総大主教
コンスタンチノープルそうだいしゅきょう
Patriarch of Constantinople

総大主教 (総主教ともいう) の名は5世紀以後,ローマ,アレクサンドリア,アンチオキアコンスタンチノープル,エルサレムの五大主教に与えられたが,このうち前3者はニカイア公会議 (325) で,後2者はカルケドン公会議 (451) で承認された。やがてコンスタンチノープルは,東ローマ (ビザンチン) 帝国の首都主教座としての勢威によってローマと首位の座を争い世界総主教 ecumenical patriarchを称した。その後,ローマは総主教の名のほかに教皇という名を専用に設けた。コンスタンチノープルはローマと対立し,ビザンチン帝国の皇帝教皇主義の中心となった。その後 1917年にはモスクワ,第2次世界大戦後はユーゴスラビア,ルーマニア,ブルガリアにも総主教制が設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンスタンチノープル総大主教の関連キーワードドシテオス[エルサレム]ステファヌス5世(6世)ヨハネス19世(20世)ヨハネス4世(断食者)ゲンナディオス2世ベネディクツス3世東西両教会の分裂エウゲニウス1世セルギウス1世アナスタシウスホノリウス1世ペラギウス2世テオドルス1世パウルス6世ギリシア正教イグナチウスマリヌス1世ケルラリウスサビニアヌス聖画像論争

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android