コントラストAF(読み)コントラストエーエフ

デジタル大辞泉の解説

コントラスト‐エーエフ【コントラストAF】

contrast autofocusAFカメラ測距方式の一。イメージセンサー上での被写体の画像のコントラストが最も高くなるレンズ位置を合焦状態とする。イメージセンサーが測距用のセンサーを兼ね、カメラ本体の小型化に向くため、コンパクトカメラやミラーレス一眼カメラに採用されている。ふつう測距時間は位相差AFよりも長くかかる。コントラスト検出方式コントラスト検出AFコントラストオートフォーカス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android