コントラストAF(読み)コントラストエーエフ

デジタル大辞泉の解説

コントラスト‐エーエフ【コントラストAF】

contrast autofocusAFカメラ測距方式の一。イメージセンサー上での被写体の画像のコントラストが最も高くなるレンズ位置を合焦状態とする。イメージセンサーが測距用のセンサーを兼ね、カメラ本体の小型化に向くため、コンパクトカメラやミラーレス一眼カメラに採用されている。ふつう測距時間は位相差AFよりも長くかかる。コントラスト検出方式コントラスト検出AFコントラストオートフォーカス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android