コントラスト(読み)こんとらすと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コントラスト

画面あるいは画像の表示における明暗の差のこと。明暗の差が大きいほどコントラストが強いといい、シャープでくっきりとした表現になる。画像を扱うアプリケーションなどで、コントラストを調整できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コントラスト(contrast)

対照。対比。「鮮やかなコントラストをなす」
写真・テレビ画像などで、明るい部分と暗い部分との明暗の差。明暗比。「コントラストをつける」
[補説]作品名別項。→コントラスト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

コントラスト

 英語のcontrast。写真やディスプレイに映った画像の“明暗比”のことを言う。コントラストを上げるとハイライトとシャドー部が強くなりメリハリがつき、下げると中間色が強くなり平板な印象となる。レタッチソフトなどではトーンカーブレベル補正によって調節する。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

コントラスト【contrast】

対比。対照。
絵画やテレビ・写真などの画像の、明暗の差や色彩の対比。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

コントラスト

〘名〙 (contrast)
絵画などで、明と暗、円形方形直線曲線、黒と白、赤と緑などが組み合わされて、形や色彩明度が互いにきわだたせ合うような状態にあるときの、その対比をいう。また、一般に、事物、人物などが正反対の性質を持っていて、互いに相手をきわだたせ合う場合についてもいう。
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉三「風流にしゃれて芸者殺し的にうつされし故、僕は其反対(コントラスト)としてなるたけ野暮に無意気に親なかせ的に撮影いたし候」
② 特に、テレビの画面や写真の、明暗のきわだち具合。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コントラストの関連情報