コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンパクトHTML コンパクトエッチティーエムエル

デジタル大辞泉の解説

コンパクト‐エッチティーエムエル【コンパクトHTML】

compact hypertext markup language》携帯電話やPDAなどの携帯情報端末で閲覧されるコンテンツのためのマークアップ言語HTMLを簡略化したもので、下位互換性がある。CHTML

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

コンパクトエイチティーエムエル【コンパクトHTML】

携帯電話やPDAの小さい画面でも閲覧できるウェブページを記述するためのマークアップ言語HTMLの不要なタグを取り除き、簡略化したもの。携帯電話の各事業者により提供される、電子メール絵文字やアニメーション画像などが利用できるサービスでも使われている。◇「CHTML」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android