コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンビチュニー

百科事典マイペディアの解説

コンビチュニー

ドイツの指揮者。北モラビアのフルネクに生まれ,ブルノの音楽学校を経てライプチヒ音楽院に学ぶ。1927年バイオリンおよびビオラ奏者から指揮に転身。フライブルク,フランクフルト,ハノーファーの歌劇場の音楽総監督を経て,1949年以降はライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団の常任指揮者として東ドイツの音楽界に重きをなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンビチュニー
こんびちゅにー
Franz Konwitschny
(1901―1962)

旧東ドイツの指揮者。北モラビアのフルネク生まれ。バイオリンおよびビオラ奏者として活動したのち指揮に転じ、シュトゥットガルト歌劇場を振り出しにドイツ各地の歌劇場の音楽総監督を務めた。1949年ライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団常任指揮者に就任、死去するまでそのポストにおり、あわせてドレスデン国立歌劇場、ベルリン国立歌劇場でも活躍、東ドイツの代表的な指揮者として名をあげた。じみな芸風ながら独特の重厚さがあり、ドイツの伝統を受け継いだ指揮者の一人。61年(昭和36)にライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団と来日。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コンビチュニーの関連キーワードライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団ライプチヒ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android