コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンビチュニー

2件 の用語解説(コンビチュニーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コンビチュニー

ドイツの指揮者。北モラビアのフルネクに生まれ,ブルノの音楽学校を経てライプチヒ音楽院に学ぶ。1927年バイオリンおよびビオラ奏者から指揮に転身。フライブルクフランクフルトハノーファーの歌劇場の音楽総監督を経て,1949年以降はライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団の常任指揮者として東ドイツの音楽界に重きをなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンビチュニー
こんびちゅにー
Franz Konwitschny
(1901―1962)

旧東ドイツの指揮者。北モラビアのフルネク生まれ。バイオリンおよびビオラ奏者として活動したのち指揮に転じ、シュトゥットガルト歌劇場を振り出しにドイツ各地の歌劇場の音楽総監督を務めた。1949年ライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団常任指揮者に就任、死去するまでそのポストにおり、あわせてドレスデン国立歌劇場、ベルリン国立歌劇場でも活躍、東ドイツの代表的な指揮者として名をあげた。じみな芸風ながら独特の重厚さがあり、ドイツの伝統を受け継いだ指揮者の一人。61年(昭和36)にライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団と来日。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンビチュニーの関連キーワード指揮者ピエルネフルトベングラーベームモラビアリヒターレハールアラビア糊マタチッチフルトヴェングラー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone