コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンピュータアーキテクチュア computer architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンピュータアーキテクチュア
computer architecture

コンピュータの種々の機能的部分を組合せてつくり上げるコンピュータシステムの設計仕様。演算装置レジスタ記憶装置,チャンネル,補助記憶装置などが,仕事の目的に応じて種々の形に組合わされて,速度・信頼性を上げ,費用対効果が最適となるようにする。コンピュータの仕事の目的が通常の計算でなく,データベースを中心としたもの,高度の並列性を要求するもの,実時間多重処理を要求するもの,特別なプログラム言語を直接実行するものなど,多くの特殊目的に合った構造のコンピュータが研究開発されるようになってきて,コンピュータアーキテクチュアの問題は大きな関心を集めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンピュータアーキテクチュアの関連キーワードノイマン型コンピュータ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android