コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンプトンγ線観測衛星/コンプトンガンマ線観測衛星 コンプトンガンマセンカンソクエイセイ

デジタル大辞泉の解説

コンプトン‐ガンマせんかんそくえいせい〔‐センクワンソクヱイセイ〕【コンプトンγ線観測衛星/コンプトンガンマ線観測衛星】

1991年4月、NASA(米航空宇宙局)がスペースシャトルを使って打ち上げたガンマ線観測衛星。名称は宇宙線の研究で知られる米国の物理学者アーサー=コンプトンに由来する。四つのガンマ線検出器を搭載し、10キロ電子ボルトから30ギガ電子ボルトまでのエネルギー領域で観測を行った。ガンマ線による全天地図の作成や活動銀河核クエーサーパルサーなどの観測を行い、2600回以上のガンマ線バーストを検出した。2000年6月に運用終了。CGRO(Compton Gamma Ray Observatory)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

コンプトンγ線観測衛星/コンプトンガンマ線観測衛星の関連キーワード太陽観測衛星スペースシャトルNASA若田光一宇宙政策(米国の)アポロ計画木星探査機アームストロング(Neil Alden Armstrong)土井隆雄ハビタブル惑星

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android