コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンプトン‐ラマン散乱 Compton-Raman scattering

1件 の用語解説(コンプトン‐ラマン散乱の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

コンプトン‐ラマン散乱【Compton-Raman scattering】

X線や γ 線の電子による非弾性散乱のうちで,散乱される内角電子の受ける束縛力が強くて,入射光の波長よりも軌道半径のほうが小さいようなケースで起こる散乱がラマン散乱*である.X線の波長を連続的に変えていった場合に,コンプトン散乱*自由電子を仮定している)とラマン散乱の移行が認められるが,この段階の散乱をいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンプトン‐ラマン散乱の関連キーワードコンプトン効果トムソン散乱X線の散乱菊池図形菊池線菊池バンドバーバ散乱フアング散乱ブラッグ散乱メラー散乱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone