コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンプトン‐ラマン散乱 Compton-Raman scattering

法則の辞典の解説

コンプトン‐ラマン散乱【Compton-Raman scattering】

X線や γ 線の電子による非弾性散乱のうちで,散乱される内角電子の受ける束縛力が強くて,入射光の波長よりも軌道半径のほうが小さいようなケースで起こる散乱がラマン散乱*である.X線の波長を連続的に変えていった場合に,コンプトン散乱*(自由電子を仮定している)とラマン散乱の移行が認められるが,この段階の散乱をいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

コンプトン‐ラマン散乱の関連キーワードコンプトン散乱

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android