コンプトン‐ラマン散乱(英語表記)Compton-Raman scattering

法則の辞典の解説

コンプトン‐ラマン散乱【Compton-Raman scattering】

X線や γ 線の電子による非弾性散乱のうちで,散乱される内角電子の受ける束縛力が強くて,入射光の波長よりも軌道半径のほうが小さいようなケースで起こる散乱がラマン散乱*である.X線の波長を連続的に変えていった場合に,コンプトン散乱*(自由電子を仮定している)とラマン散乱の移行が認められるが,この段階の散乱をいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android