コンベルシア(英語表記)Konversiia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンベルシア
Konversiia

民需転換。旧ソ連時代以来ロシア経済の重荷となってきた軍事産業を民需産業へ転換させる政策。西側諸国も G7,ロンドン・サミット (1991年) 以来,民需転換をその支援の前提条件とみなし,強く要求している。コンベルシアの対象となる軍事関連企業は数千にのぼるともいわれ,莫大なコストが必要とされている。ロシアでは 92年3月に軍民転換法を採択し,西側の企業投資,援助で推進を加速する方針を固めたが,企業は民生品製造より安易な武器輸出で外貨を稼ぎたがる傾向にあり,民需転換に難色を示す軍産複合体の圧力などもネックとなって,民需転換は遅々として進んでいない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android