コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンベルシア Konversiia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンベルシア
Konversiia

民需転換。旧ソ連時代以来ロシア経済の重荷となってきた軍事産業を民需産業へ転換させる政策。西側諸国も G7,ロンドン・サミット (1991年) 以来,民需転換をその支援の前提条件とみなし,強く要求している。コンベルシアの対象となる軍事関連企業は数千にのぼるともいわれ,莫大なコストが必要とされている。ロシアでは 92年3月に軍民転換法を採択し,西側の企業投資,援助で推進を加速する方針を固めたが,企業は民生品製造より安易な武器輸出で外貨を稼ぎたがる傾向にあり,民需転換に難色を示す軍産複合体の圧力などもネックとなって,民需転換は遅々として進んでいない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コンベルシア(〈ロシア〉konversiya)

旧ソ連邦各国において、肥大化した軍需産業を、消費生活に役立つ民需産業へと予算・設備・労働力を転換すること。1990年秋、当時のゴルバチョフソ連大統領が提案した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android