難色(読み)なんしょく

精選版 日本国語大辞典「難色」の解説

なん‐しょく【難色】

〘名〙 むずかしいと思うような顔色。不承知らしい様子。また、相手を非しようとするような顔つき。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一五二「勿論其所へ行き着く迄にはお延にも多少の難色(ナンショク)があった」 〔志‐杜虁伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「難色」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「難色」の解説

【難色】なんしよく

不満とする態度。〔三国志、魏、杜伝〕(き)、を善くし、思人にぐ。絲竹、能(よ)くせざる靡(な)し。~~嘗(かつ)て~等をして、客の中に於て笙を吹きを鼓せしむ。り。れに由りてず。

字通「難」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android