コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンポーネント記録 こんぽおねんときろく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンポーネント記録

ビデオ記録方式の一種。NTSC(National Television System Committee)では、輝度(Y)信号と色(C)信号を1つの信号にまとめたコンポジット信号が使われる。これを再生するときには輝度信号と色信号を分離させる必要があり、Y/C分離フィルターで分離させている。コンポーネント記録は輝度信号と色信号を別々に記録するため、Sケーブルを使えば画質の劣化が非常に少ない。ベーカムなどの業務用ビデオシステムやD-1、D-5などの業務用デジタルビデオシステムで採用されている。民生用としてはDVDがコンポーネント記録を採用した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

コンポーネント記録の関連キーワードDVフォーマット

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android