コーテッドサンド鋳造(シェルモールド法)

日本の自動車技術240選の解説

コーテッドサンド鋳造(シェルモールド法)

シェルモールド法にコーテッドサンドを用いて、従来法に比べて大量生産性、コストダウン、品質で大幅な向上をもたらした。保管場所マツダ株式会社 (〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3ー1)
製作(製造)年1955
製作者(社)東洋工業株式会社
資料の種類量産車
現状使用中・公開
会社名東洋工業(株)
通称名コーテッドサンド鋳造
製作年1955
構造・方式・手段・方法等基本:鋳造法;構造・手段:シェルモールド法
エピソード・話題性米国アクメレジン社との技術提携
参考文献1)東洋工業五十年史
その他事項用途:生産技術;所在:マツダ(株);技術要旨:1)鋳造技術の進展に貢献し、生産性を格段に向上させたシェルモールド鋳造法。2)シェルモールド法は、けい砂に熱硬化性樹脂を被膜して造ったコーテッドサンドを加熱して、シェルと呼ばれる貝殻状の鋳型を作り、これに溶けた鋳鉄を流し込む方法である。複雑形式の鋳物が容易に造れて一貫大量生産が可能、鋳肌がきれいで仕上げ作業が簡単などの多くの特徴を有し、昭和30年代の日本の自動車製造技術の急速な発展につながった。;

出典 社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android