コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コートテニス コートテニスcourt tennis

翻訳|court tennis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コートテニス
court tennis

イギリス,フランスの宮廷 (コート) で行なわれたテニステニス (ローンテニス) の初期のもので,起源は 12~13世紀にフランスで行なわれるようになったジュ・ド・ポームといわれる。フランスでは,貴族や僧侶の間で盛んになり,16世紀に黄金時代を迎えた。イギリスでも王侯の間で人気を博した。コートテニスの名手といわれたヘンリー8世が 1530年にハンプトンコート宮殿に設けたコートは,現在も使用されている。コートの大きさは 29m× 10mほどで,四方を壁が囲い,ネットは中央部分を両端より低くし,ゆるく張られた。競技方法は現在のテニスとかなり異なり,コートと側壁に何本も線を引き,特定の場所に打ち込むことによって得点となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコートテニスの言及

【テニス】より

…このロングポームの蓄積があって初めて1870年代の〈ローンテニス〉の誕生が可能となったわけである。一方,クルトポームの流れをくむテニスは〈リアルテニスreal tennis〉(イギリス)または〈ローヤルテニスroyal tennis〉(オーストラリア),〈コートテニスcourt tennis〉(アメリカ)と呼び,ローンテニスと区別することになった。今日でもリアルテニスは存続しており,世界選手権大会も開かれている。…

※「コートテニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報