コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーレン Coolen, Antoon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーレン
Coolen, Antoon

[生]1897.4.17. レンブルフ,ウェイルレ
[没]1961.11.9. ノルトブラバント,ワールレ
オランダの作家。カトリック青年誌『共同体』 De gemeenschapの同人となり,1933年から 41年まで編集長をつとめた。小説には,ノルトブラバント州の沼沢地に住む敬虔で貧しい人々の生活に取材したものが多い。主著『ペールの労働者』 Peel werkers (1930) ,『美しい終末』 De schoone voleinding (32) ,『川に沿った村』 Dorp aan de rivier (34) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コーレンの関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)クリスチャニア・スキークラブホルメンコーレン大会カンダハーレース聖バーフ大聖堂カムポーグ石ゲント市庁舎ゲントの鐘楼シャンツェ佳人之奇遇ニッカネングラスレイホーベルスキーオスロ採炭

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コーレンの関連情報