ゴメラ島(読み)ゴメラトウ

デジタル大辞泉「ゴメラ島」の解説

ゴメラ‐とう〔‐タウ〕【ゴメラ島】

La Gomera》大西洋、モロッコ沖にあるスペイン領カナリア諸島を構成する島の一。中心地はサンセバスティアン。1492年、コロンブス大西洋を横断する際に最後の寄港地とした。標高1487メートルのガラホナイ山とその周辺を含むガラホナイ国立公園は、月桂樹原生林や島固有の植物が見られ、1986年に世界遺産(自然遺産)に登録された。ラ‐ゴメラ島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android