月桂樹(読み)ゲッケイジュ

デジタル大辞泉の解説

げっけい‐じゅ【月×桂樹】

クスノキ科の常緑高木。全体に芳香がある。多数の枝が分かれ、長楕円形のを密生する。雌雄異株で、春、黄色の小花が密集して咲く。葉から香料をとり、干した葉は香辛料とする。南ヨーロッパ原産で、日本には明治末期に渡来し、各地で栽培されるが雌木は少ない。ローレル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げっけいじゅ【月桂樹】

クスノキ科の常緑小高木。地中海地方原産。葉は互生し、長楕円形。雌雄異株。春、淡黄の小花を開き広楕円で黒熟する核果を結ぶ。葉・枝に芳香があって香料とする。
の葉を乾燥させた香辛料。煮込み料理に用いる。ローリエ。ローレル。ベイリーフ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

月桂樹 (ゲッケイジュ)

学名:Laurus nobilis
植物。クスノキ科の常緑高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げっけい‐じゅ【月桂樹】

〘名〙 クスノキ科の常緑高木。地中海沿岸および西アジア原産で、日本へは明治三八年(一九〇五)ごろ渡来し、記念樹や生垣にされる。幹は高さ八~二〇メートルに達する。樹皮は灰黒色、枝、葉はよく繁って円錐状になる。葉は互生し革質で短柄をもち、長さ五~一〇センチメートルの長楕円形。雌雄異株。早春、葉腋(ようえき)に小さな淡黄色の四弁花が数個集まって咲く。果実は径六~七ミリメートルの楕円状球形で暗紫色に熟す。葉や果実に芳香があり月桂油を採り、香水の原料などに用いる。生葉や乾燥葉は料理の香味料に使う。古代ギリシアでは枝で冠をつくり、優勝者の名誉の表彰として贈った。ローレル。月桂。
※枯山水(1939)〈植松寿樹〉「さわやかに伸びては揺るる月桂樹ひるの一とき縁を蔭にす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月桂樹の関連情報