コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルテュン法 ゴルテュンほうGortyn law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルテュン法
ゴルテュンほう
Gortyn law

前5世紀中頃に制定されたと推定される,クレタ島南部のポリス,ゴルテュンの法典。現存するギリシア最古の法に属し,かつ保存の点で最も完全な法典。本法の立法者は不詳。その内容は,奴隷に関する訴訟,性犯罪法,家族法,相続法,財産取引法から成るが,実体は家族と家族財産,特に妻と娘に関する規定が大部分を占めている。おそらく,ゴルテュン法は氏族制から家父長的家族制へ,母系制から父系制へ,無私有財産制から私有財産制へ,無階級制から奴隷的階級制への過渡期にあった社会の法であったと推察されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴルテュン法の関連キーワードゴルテュン法典ゴルテュナ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android