コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルテュン法 ゴルテュンほう Gortyn law

1件 の用語解説(ゴルテュン法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルテュン法
ゴルテュンほう
Gortyn law

前5世紀中頃に制定されたと推定される,クレタ島南部のポリスゴルテュンの法典。現存するギリシア最古の法に属し,かつ保存の点で最も完全な法典。本法の立法者は不詳。その内容は,奴隷に関する訴訟,性犯罪法,家族法,相続法,財産取引法から成るが,実体は家族と家族財産,特に妻と娘に関する規定が大部分を占めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴルテュン法の関連キーワード欽定憲法凹み石胡笳自主憲法ルソン壺個別法世界電気通信及び情報社会の日イベリア語池上・曾根遺跡テミストクレス決議碑文

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone