ゴルノザボーツク(英語表記)Gornozavodsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルノザボーツク
Gornozavodsk

ロシアのサハリン州の都市。サハリン島南部西岸,日本海に面する。石炭を産し,建設資材工場がある。州都ユジノサハリンスクの南西約 80kmにあり,鉄道,ハイウェーで連絡。旧日本領で,日本名内幌 (ないほろ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴルノザボーツク(Gornozavodsk/Горнозаводск)

ロシア連邦、サハリン州(樺太)南部の間宮海峡に面する。1945年(昭和20)以前の日本領時代には内幌(ないほろ)とよばれ、炭鉱の町として知られた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android