コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間宮海峡 マミヤカイキョウ

5件 の用語解説(間宮海峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まみや‐かいきょう〔‐カイケフ〕【間宮海峡】

サハリン(樺太)とアジア大陸との間の海峡。文化6年(1809)間宮林蔵が発見し、シーボルトが命名。最狭部は幅7.3キロで、ロシアでは探検者の名からネベリスコイ水道とよぶ。冬季は凍結する。韃靼(だったん)海峡。タタール海峡

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まみやかいきょう【間宮海峡】

サハリン北部とシベリアとの間にある海峡。最狭部は7キロメートルほどで、冬季凍結する。間宮林蔵が1809年踏査、シーボルトが命名した。タタール海峡。韃靼だつたん海峡。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間宮海峡
まみやかいきょう

タタール海峡」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間宮海峡
まみやかいきょう

アジア大陸と樺太(からふと)(サハリン)との間にある海峡。日本海とオホーツク海を結ぶ。日本では一般にアジア大陸と樺太との間全体が間宮海峡とされるが、タタール海峡の最狭部分、幅7.3キロメートルのロシア語名ネベリスコイ水道をさす。最狭部より北はアムール潟ともよばれる。夏季の水温10~12℃で、冬季は結氷する。樺太のオハからこの海峡を通り、大陸のコムソモリスク・ナ・アムーレまでの石油パイプラインが敷設されている。海峡の名「間宮」は、1808年(文化5)幕命により樺太、黒竜江(アムール川)下流を探検し、樺太が島であることを確認した間宮林蔵の功績をシーボルトがたたえ、世界地図上に海峡名として命名したことによる。ロシアでは、17世紀中ごろロシア人が海峡を発見し、1849年、ネベリスコイが海峡航行の可能性を証明したとされている。[宇根 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の間宮海峡の言及

【タタール海峡】より

…北はオホーツク海,南は日本海に通じる。広い海域をとった場合にタタール海峡(韃靼(だつたん)海峡)と呼び,最も狭い部分を間宮海峡(ロシア名はネベリスコイ海峡Proliv Nevel’skogo)と区別して呼ぶ例もある。最狭部の幅は約7.3km,深さは最浅部で約8m。…

※「間宮海峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間宮海峡の関連情報