コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴレスターン条約 ゴレスターンじょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

ゴレスターンじょうやく【ゴレスターン条約】

1813年,アゼルバイジャンのゴレスターンGolestān(現,ギュリスターン)でロシアとカージャール朝イランとの間に締結された条約。グリスターンGulistān条約ともよばれる。ザカフカス地方の領有権をめぐって両国は1804年から8年間にわたって断続的に戦争を続けていたが,カージャール朝イランの敗北に終わった。この結果,イランはアラス(アラクス)川以北のアゼルバイジャン地方をロシアに割譲し,グルジアに対する主権を放棄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴレスターン条約の関連キーワードアゼルバイジャン(地方)トルコマンチャーイ条約西アジア史(年表)

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android