ゴーダーバリー[川](読み)ゴーダーバリー

百科事典マイペディアの解説

ゴーダーバリー[川]【ゴーダーバリー】

インド,デカン高原中部の川。西ガーツ山脈北部に発し東流,インド半島を横断,アーンドラ・プラデーシュ州北東部でベンガル湾に注ぐ。全長約1450km。おもな支流はインドラバティ,プラニタなど。河口のデルタに灌漑(かんがい),運河網が発達,クリシュナー川デルタと結ばれている。ヒンドゥー教の聖河。
→関連項目デカン高原ナーシク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴーダーバリー[川]【Godāvarī】

インド半島中部の川。水源はボンベイ東方の西ガーツ山脈中にあり,デカン溶岩台地を開析しながら東流し,マハーラーシュトラ州南東隅においてナーグプル平原から南流してきた一大支流プラニタ川Pranhitaを合わせ,東ガーツ山脈のパピPapi丘陵に峡谷を刻み,ラージャムンドゥリRājahmundriから下流に三角州を形成する。延長1500km,流域面積31万km2。中・上流域は玄武岩由来の典型的な黒色土地帯であり,主食のジョワール(ソルガム)と商品作物の綿花を栽培しているが,一般に1人当り生産額は少ない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のゴーダーバリー[川]の言及

【アーンドラ美術】より

…サータバーハナ朝(アーンドラ族)が関与した美術を指すこともあるが,一般的には南インド東海岸のクリシュナ,ゴーダーバリー両川の下流域のアーンドラĀndhra地方(現在のアーンドラ・プラデーシュ州の一部)の美術の総称として用いられている。この地方の造形活動は1世紀ごろ始まったと考えるのが有力で,北西デカンを支配していたサータバーハナ朝がこの地方に進出する2世紀前期から急速に仏教美術が興隆した。…

【アーンドラ・プラデーシュ[州]】より

…地形は,狭長な海岸平野,東ガーツ山脈の山塊群,デカン高原の楯状地の順に東から西に配列。海岸平野の西境はほぼ100mの等高線で,中央部にゴーダーバリー川とクリシュナー(キストナ)川の大デルタを抱く。そこは年降水量1000mm以上と多いうえに,河川灌漑の発達したインド有数の農業地帯であり,〈南インドの穀倉〉とよばれる。…

※「ゴーダーバリー[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android