ゴート同盟(読み)ゴートどうめい(英語表記)Götiska Förbundet

世界大百科事典 第2版の解説

ゴートどうめい【ゴート同盟 Götiska Förbundet】

スウェーデンの愛国主義団体。ロマン主義の影響下1811年ストックホルムで結成された。その前身ウプサラの大学生社交組織。往時のゴート人の有した自由精神,男子の勇気,誠実な心の復活を目標に掲げ,おもに詩人や歴史学者らが参加。指導的な人々としては作家アドレルベトJacob Adlerbeth,歴史学教授イェイイェルスウェーデン体操の父リング,詩人テグネール,詩人アフセリウスArvid August Afzeliusが有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android