コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴールド・サンドウィッチガラス gold sandwich glass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴールド・サンドウィッチガラス
gold sandwich glass

金箔を2枚のガラス生地の間にはさみ込む技法,およびその技法によるガラス器。鉢やコップや瓶を作るとき,熱いうちにその底部金箔を付着させ,冷やしてから底部の金箔に針の先などで線描を施し,別に台部を作っておいて両者を熱して接合する。古い例は3~4世紀のローマのカタコンベから出土するものがほとんどで,絵文様の大部分はキリスト教関係のもの。 18世紀にボヘミアにおいて,2個の合せコップの間に金箔エッチングをサンドウィッチにする異なった技法が流行したが,ともにこの名で呼ばれている (→ボヘミアン・ガラス ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴールド・サンドウィッチガラスの関連キーワードサンドウィッチガラス

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android