サアディア・ベン・ヨセフ(英語表記)Saadia Ben Joseph

世界大百科事典 第2版の解説

サアディア・ベン・ヨセフ【Saadia Ben Joseph】

882‐942
バビロニアのユダヤ教徒の指導者で,当代随一の学者,著述家エジプトのファイユーム出身でファイユーミーともよばれた。成人して東方世界に移り,のちにその深い学識のゆえにスーラアカデミーの長に選ばれる。著書は数多いが,とりわけアラビア語で書かれた《信仰と臆見の書》は有名である。ムータジラ派的傾向の強いこの神学者は,聖書と哲学の和解を模索した中世で最初の思想家として高い評価をうけている。ヘブライ語文法学者としても重要な著作を残している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサアディア・ベン・ヨセフの言及

【ユダヤ哲学】より

…しかし,ギリシア思想の場合と異なり,ユダヤ教もイスラム教も同一の聖書から出発した同根の思想であるがゆえに,ユダヤ人はイスラム哲学を容易に受け入れたばかりでなく,さらにその方法を用いてユダヤ教を哲学的に基礎づけることを学んだ。その最初の哲学者がサアディア・ベン・ヨセフである。彼はユダヤ教の正統派の立場から,〈タルムード〉を否定し,聖書の原典に帰ろうとする聖書主義の運動を批判するとともに,さらに進んで神の創造性,単一性,および義などユダヤ教の根本問題の哲学的解明を試みている。…

※「サアディア・ベン・ヨセフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報