サイヅチボヤ(読み)さいづちぼや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイヅチボヤ
さいづちぼや / 賽槌海鞘

原索動物門尾索綱サイヅチボヤ科に属する海産浮遊動物の総称、および同科の1種名。この科の動物は、虫体はオタマボヤと似るが、小形で、構造はより単純。躯幹(くかん)は長さ1ミリメートル程度あるいはそれ以下で、一般に細長く背腹に扁平(へんぺい)。尾部は短く幅広い。咽頭(いんとう)前端壁にある1対の鰓孔(さいこう)は直接外界に開く。内柱および胃壁はそれぞれ少数の大形細胞のみからなる。造巣組織はオタマボヤに比べてはるかに狭い。それが分泌する被嚢(ひのう)は虫体を包まず、濾過(ろか)装置原基として口から前方に突出する。この原基は、尾の複雑な動きにより、ちょうど風船ガムが膨れるようにハート形に大きく展開し、ついで尾の別の一連の動きにより微細なプランクトンをとらえる。このとき虫体は移動しない。摂餌(せつじ)が終わるとこの装置はふたたびしぼむ。雌雄同体で、普通雄性先熟。温水域を中心に全世界に分布する。ときに沿岸水域で非常な高密度となる種がある。日本近海には、和名サイヅチボヤFritillaria pellucidaをはじめ、全既知種の半数を超える約15種が出現する。[西川輝昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android