単純(読み)タンジュン

デジタル大辞泉の解説

たん‐じゅん【単純】

[名・形動]
そのものだけで、まじりけがないこと。他の要素などが混入していないこと。また、そのさま。「言葉どおりの単純な意味」
機能・構造・形式などがこみいっていないこと。また、そのさま。「単純な計算ミス」「単純な機械」⇔複雑
考え方やとらえ方が素直であること。とらえ方などが一面的で浅いこと。また、そのさま。「その見方は単純すぎる」「彼は意外に単純なところがある」「単純明快な論理」⇔複雑
条件・制限などがないこと。また、そのさま。「単純に権利を承継する」
[派生]たんじゅんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんじゅん【単純】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
こみいった点がなく簡単な・こと(さま)。
複雑 「 -な構造」 「 -なミス」
考え方などが一面的で行き届かない・こと(さま)。 「 -な発想」 「 -な頭の働き」
他種のものがまざっていない・こと(さま)。純一。 「 -泉せん」 「彼女の意味する通りの-さで津田の耳へは響かなかつた/明暗 漱石
制限や条件のない・こと(さま)。 「 -承認」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単純の関連情報