コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サツルヌス サツルヌスSaturnus

1件 の用語解説(サツルヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サツルヌス
サツルヌス
Saturnus

ギリシア神話のクロノスと同一視された古代ローマの神。ローマの伝説によれば,ユピテル天界の王位を簒奪されたあと,ラティウムに来て,のちにローマの場所となるカピトリウムの丘の上にサツルニアという町を建て,付近のヤニクルム丘にいたヤヌスと一緒にこの地方の住民を支配し,彼らに文明を教えて黄金時代の生活をおくらせたとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone