サナダムシ

百科事典マイペディアの解説

サナダムシ

扁形動物ジョウチュウ科に属する寄生虫の俗称。その成虫が真田紐(ひも)のような形なのでこの名がある。人畜の腸に寄生する。ヒトの寄生虫として重要なのは,1.広節裂頭ジョウチュウ(ミゾサナダ)。第1中間宿主ケンミジンコ,第2中間宿主サケ・マス類などの魚類。2.ユウコウジョウチュウカギサナダ)。中間宿主ブタ。3.ムコウジョウチュウ(カギナシサナダ)。中間宿主ウシの3種。数個〜数千個の片節からなり,全長数m〜10mに及び,時に肛門から片節が出る。各片節に雌雄の生殖器があるので,頭部を除去しない限り駆除は完全ではない。消化不良や全身衰弱を招く。駆虫剤は綿馬(めんま)(オシダの根茎)など生薬のほかビチオノールなどが有効。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サナダムシ
さなだむし / 真田虫

扁形(へんけい)動物門の条虫(じょうちゅう)類の俗名。体が扁平で細長く、その片節の並び方が真田紐(さなだひも)に似ているのでこの名がある。[町田昌昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサナダムシの言及

【寄生】より

…その場合,成体が寄生する宿主を終宿主,幼生の寄生する宿主を中間宿主intermediate hostと呼ぶ。一例として,イヌ,ネコ,クマ,ヒトなどの腸内に寄生するサナダムシの1種を挙げると,卵は宿主の糞とともに排出され,うまく水中に入ると孵化(ふか)して遊泳性の幼虫(コラキジウム)を生ずる。これがある種のケンミジンコに食べられると,消化管壁から組織内に入って変態し,プロケルコイド囊虫となる。…

【ジョウチュウ(条虫)】より

…これらはすべて多節ジョウチュウで,1個の頭節scolexと数個ないし数千個の片節(体節)proglottideとからなり,全長10mに達するものがある。それらのあるものは真田紐(さなだひも)に似ているところから,この紐が一般に使用されるようになった江戸時代ころから,ジョウチュウはサナダムシと呼ばれるようになったという。頭節は頭部と頸部とからなり,頭部には宿主に固着するための構造物として,吸盤(通常4個)または吸溝(背腹正中部に1対)を備えている。…

※「サナダムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android