コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サナンダジ Sanandaj

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サナンダジ
さなんだじ
Sanandaj

イラン北西部、クルディスターン州の州都。シンネSinnehともいう。人口27万7808(1996)。住民のほとんどがスンニー派のクルド人である。丘陵に囲まれ、気候、用水に恵まれた穀倉地帯である。高品質のじゅうたんと良馬の産地としても有名であり、トルコや旧ソ連地域の諸国との貿易も盛んである。[香川優子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サナンダジの関連キーワードジャハンギル ラズミペルシア絨毯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android