サニールージュ

デジタル大辞泉プラスの解説

サニールージュ

ブドウの品種のひとつ。果皮色はデラウェアに似た鮮やかな赤紫色、果重は6g程度。糖度は18%程度と甘い。1977年に果樹試験場安芸津支場が「ピオーネ」と「レッドパール」を交配させて育成した品種で、2000年に品種登録。主な産地宮崎県、青森県、山梨県などで、特に宮崎県では良品質のものを「みやざきぶどうサニールージュ」と呼び、みやざきブランド商品に認定している。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サニールージュの関連情報