コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハリン・シベリア開発 サハリンシベリアかいはつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サハリン・シベリア開発
サハリンシベリアかいはつ

ロシア再建のための外貨獲得の早道として,サハリンやシベリアでは石油,天然ガスの開発が有力視されている。サハリン島北東部の沖合いでは,日本の資金とアメリカ石油大手の開発技術を結んで天然ガス開発プロジェクトが準備段階にあり,消費地の日本に輸出する計画である。ヤクーツクガス田など,東シベリアの開発プロジェクトも日本や韓国の関心を集めている。アムール川流域の森林開発 (SKプロジェクト) や水産資源の開発も検討されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android