コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早道 ハヤミチ

デジタル大辞泉の解説

はや‐みち【早道】

目的の場所へ早く行ける道。近道。「駅への早道
あまり手数をかけずに目的に達することができる簡便な方法。「語学上達の早道
早足で歩くこと。また、馬をはやく歩かせること。→地道(じみち)
「諸卒先へ行くゆゑに―に乗らざる時は乗りぬけ難し」〈常山紀談
飛脚。
「一里一里に―二人づつ置き候ひて」〈太閤記・一三〉
銭入れ。巾着(きんちゃく)。
「―より一文放り出す」〈滑・膝栗毛・初〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はやみち【早道】

目的地により早く到達できる道。近道。
手間のかからない方法。便法。 「上達の-」
足の速いこと。 「勝ち候ふ-の馬/武家名目抄 術芸
飛脚の別名。 〔日葡〕
馬を速い歩調で歩かせること。 ↔ 地道 「 -に乗らざる時は乗りぬけがたし/常山紀談」
江戸時代、巾着きんちやくの異名。銭入れ。 「それやらうと-より一文放りだす/滑稽本・膝栗毛

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の早道の言及

【財布】より

…女性用の筥迫(はこせこ)には鏡・櫛・おしろいなどを入れることもあった。旅先ではすりから路銀を守るため,早道(はやみち)などと呼ぶ腰にさげる袋に入れて持ち歩いた。明治になって紙幣が発行(1869年に民部省札)され,二つ折り,三つ折りで使用する札入れが普及,初期には着物の胸もとの形を整わせるため分厚いものが好まれたが,洋服着用者の増加とともに形態も洋服用のものが多くなる。…

【袋物】より

…発火器としての燧袋は,匂袋(においぶくろ)とともに腰さげ袋として古くから用いられ,のち金銭や薬品を入れるようになり,鎌倉時代には巾着(きんちやく)の発生をみた。 貨幣経済の発達は金銭携行のための袋物を発達させ,江戸時代には早道(はやみち)(銭入れ,タバコ入れに用いる),胴乱,一つ提(さげ)(タバコ入れの一種で,きせる筒を離し,タバコ入れのみに緒などをつけた袋),藩札入れ,燕口(つばくらぐち)(口を開くとツバメの口のような形になる携帯用の袋)が用いられることになり,タバコの伝来に伴う喫煙の風習は半月,腰差,叭(かます),火の用心,袂落(たもとおとし)等のタバコ入れを生んだ。また,上下一般が鼻紙を用いるようになって懐中物の鼻紙袋ができ,これに鏡,ようじ,小銭を入れる仕掛けをつくって三徳ととなえ,女子の愛用するところとなり,筥迫(はこせこ)に近づいていった。…

※「早道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

早道の関連キーワード将を射んと欲すれば先ず馬を射よ書は以て姓名を記するに足るのみ人を射んとせばまず馬を射よサハリン・シベリア開発ナフィス サディックビザ(Visa)キャリアパスβ―グルカン社会人類学シェクリー勃起障害永住権袋物透波捷径地道胴巻近道財布

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早道の関連情報