コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバタイ・ツビ Shabbetay Ẓebi

1件 の用語解説(サバタイ・ツビの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サバタイ・ツビ【Shabbetay Ẓebi】

1626‐76
17世紀中葉のトルコメシア運動を展開したユダヤ教徒。サバタイ派の始祖。Shabbetai Tzeviとも記される。スペインから移住したユダヤ人の子としてイズミル生まれる。タルムードを学んだのち,神秘主義カバラに傾倒。1648年以後,カイロイスタンブールエルサレムテッサロニキを遍歴して宗教改革を説き,65年,イズミルでみずからメシアであることを宣言。彼の運動はユダヤ教徒の選民思想・終末観と結びついて,広くヨーロッパにまで拡大したが,彼はオスマン帝国当局により逮捕されたのち,イスラムに改宗しメフメト・エフェンディMehmet Efendiを名のった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のサバタイ・ツビの言及

【カバラ】より

…16世紀,ガリラヤのサフェドで活躍したルリアIsaac Luria(1534‐72)の体系が,現行体系の源泉となっている。17世紀にはサバタイ・ツビが現れて〈救世主〉を名のり,カバラ運動は最高潮に達した。さらに18世紀以降,東欧でハシディズムがカバラを日常の信仰生活と密接に結びつけ,その思想的影響は現代のM.ブーバーや,G.ショーレムにも及んでいる。…

【ユダヤ教】より

… カバラ神秘主義の影響下に,16~17世紀には,自称メシアが各地で出現した。その一人,サバタイ・ツビのメシア運動は,一時全ユダヤ人世界を巻き込むほどの大成功を収めた。しかし,この偽メシアはトルコのスルタンに逮捕されると,イスラム教に改宗した(1666)。…

※「サバタイ・ツビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サバタイ・ツビの関連キーワードスラブ主義トルコ族文化国家弁韓マタイ草葉の床西欧主義中葉飯の供ルカ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone