サフランイエロー(英語表記)saffron yellow

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。アヤメ科の球根草サフランの花の柱頭ちゅうとうを乾燥させて作った顔料のみがかった濃い黄色。花の色ではない。古くから香料染料、食品の着色などに用いられてきた。また薬用にもなる。色名は調理器具、文房具、日用雑貨、自転車など幅広い分野で用いられている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android