コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サボア人司祭の信仰告白 サボアじんしさいのしんこうこくはくProfession de foi du vicaire savoyard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サボア人司祭の信仰告白
サボアじんしさいのしんこうこくはく
Profession de foi du vicaire savoyard

フランスの思想家 J.-J.ルソー主著エミール』の第4編の主要部分。彼の哲学思想の中核をなすゆえに著書の一部分でありながら特に著名。知性を退けて良心を不可謬の生得的な原理とみる道徳説と,それを支える自然宗教観を提示。それは原罪を否定し,教会の権威を排して神と良心を直接向い合せるものであったから,ルソーは教会と政府に追われ,晩年は放浪生活をおくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android