コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマツタケ(早松茸) サマツタケTricholoma colossum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマツタケ(早松茸)
サマツタケ
Tricholoma colossum

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。夏秋の頃,マツ林に生じる。キノコは大型で傘の径 10~20cm。柄は太さ3~5cm,高さ6~12cmほどである。傘の表面は帯黄赤褐色,肉は白色,傷つくと薄い黄褐色になる。食用になる。四国,九州に知られ,ヨーロッパにも分布の記録がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android