サライバ(英語表記)Saraiva, António José

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サライバ
Saraiva, António José

[生]1917.12.31. レイリア
ポルトガルの評論家。リスボン大学卒業後,高校教師および母校の文学部助手をつとめたが,政治的理由で辞職。おもな著作は,『ジル・ビセンテと中世演劇の終焉』 Gil Vicente e o Fim do Teatro Medieval (1942) ,『エッサ・デ・ケイロースの思想』 As Ideias de Eça de Queirós (47) ,『ポルトガル文学史』 História da Literatura Portuguesa (50) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android